スポンサードリンク

就職試験の面接で緊張しないコツとは?

就職試験の面接で緊張しないコツは、
ズバリ!「求職者側も会社を見極めている場である」を理解することです。

転職の場合も全く同じです。

就職活動の最難関が、面接ですよね。

そもそも面接で緊張するのは、
相手が自分をどう評価するのか、どう思っているのか、気になるからです。

「社会人としてのマナーは大丈夫か?」
「ちゃんと自己アピールできているか?」

誰でも気になりますよね。

だから緊張するのはいつも、審査される側の求職者、学生さんになるわけです。

審査員である面接官は、緊張しません。

心に余裕があるので、どっしりと構えています。
相手に自信があるように見えるのもそのため。

でも実は就活の面接会場は、求職者側が会社を評価する場でもあるのです。

ここがとても大事!

会社というのは、社長の器(うつわ)以上には発展しません。

だからどういう社長が、どういう方針で会社を運営しているのか、見極めることが必要です。

もし仮に入社できたとしたら、長期間、会社に人生を委ねることになるわけですから。

将来性のある会社なのか、今後業績は伸びそうなのか、働き甲斐があるのか、

そういう大事なことを知るためには、
実際に会社の雰囲気が見れる就活の面接は、とても良い貴重な機会なのです。

そもそも雇用する側と求職者は、対等な関係のはずです。

求職者は入社するのも、断るのも自由なんです。

もちろん合格すればですけど。

会社側が頭を下げて頼んでも欲しい、
高額な年収を提示しても欲しい優秀な人材って、実際にいるわけですから。

また、恋愛で恋人を選ぶ時や、結婚相手を選ぶ時は、
お互いにOKしたり、断ったりできるのは当たり前のことですよね。

就職や転職でも同じです。

長く付き合う会社だからこそ、面接でしっかり見極めたいところです。

緊張なんかしている場合じゃありませんよw

大きな会社では、トップの社長に会えないかもしれません。

最終面接がたとえ役員や管理職、人事担当者止まりの場合でも、

その人たちの言動や振る舞いで、会社の社風がわかるものです。

恋愛も仕事も、第一印象の直感が大事。

「ちょっと変だな」と思ったら、断る勇気も必要です。

人間の直感って結構正しいものなんです。

生き残るための本能なのかも知れませんね。

就職試験の面接で、断る権利がこちら側にもあるのだとわかれば、

別に緊張するものでもないことが納得できるはずです。

スポンサードリンク