就職 雇用のミスマッチを克服する方法。

就職や転職では、雇用のミスマッチが、問題となっています。

求人側(会社)が求める人材と、求職者のスキルに隔たりがあるためです。

仕事はあるが、求職者の知識やスキルが不足している、採用できる人がいない、という現象が起こっています。

雇用のミスマッチが改善されれば、失業率は、もう少し改善されるはずです。

そこで就職活動や、転職活動で苦労している求職者の皆さんに読んで欲しい本が、「17歳からのドラッカー」です。

できれば、学生の内に読んでおきたい一冊です。

中学生、高校生の2年生くらいまでなら、まだ時間があるので、じっくり考えることができます。

進路の修正もしやすい時期です。

大学生でも出来るだけ早い時期、就職活動前に読んでおくことをおすすめします。

 【書籍】17歳からのドラッカー

 【書籍】17歳からのドラッカー
価格:1,470円(税込、送料込)



この本を読むと、

・人はなぜ働くのか?
・なぜ学習が大事なのか?
・知識が重要な理由
・会社が必要な理由
・企業が求めている人材とは?
・すぐに会社を辞める人が多いワケ
・成果を上げる秘訣
・時間管理の重要性
・マネジメント、マーケティング、イノベーションの本当の意味

などについてわかります。

もっともっと得られるものが多い本です。

「そうだったのか!」と、読めば納得できます。

ズバリ!「学生の内に読んでおけば、人生が変わったかも」という一冊です。

あなたが、もし社会人でも、まだ大丈夫です。

仕事に関わる人生は、長いです。40年近くはありますから。

これからでも、ぜひ読んでみてください。

きっと仕事の成果が変わってきます。

ピーター・ドラッカーというと、会社の経営者や管理職、マネージャーが読むようなイメージがあります。

でも採用側の視点がわかれば、どんな人が求められているのかもわかるので、就職活動に役立ちます。

また、成果を出す人の秘訣もわかるので、社会人はもちろん、学生の受験勉強にも役立ちますよ。

ドラッカー自身、学生時代に使っていた方法のエピソードもありますので。


スポンサードリンク

スポンサードリンク





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。