人はなぜ働かなければならないのでしょうか?

就職転職の前に、そもそも人はなぜ働かなければならないのでしょうか。「働く意味」について考えてみることは、とても大事なことです。

もしかしたら、就職先で迷っている人のヒントになるかもしれません。

・お金を稼ぐために働く
現在の社会は、お金が無いと生きていくことができない構造になっています。

何をするにもお金が必要です。あなたが贅沢しているつもりは無くても、お金がかかってしまいます。

まず、人間は住む所が必要なので、家賃がかかります。

それに最低限でも水道代や光熱費が必要です。どんなに節約しても、基本料金以下にはなりません。

また人間が生きていくためには、食糧が必要です。自給自足の生活でない限り、食費がかかります。

私達の日頃の何気ない行動の全てにお金がかかっています。

水道の蛇口をひねるだけで、水道料金がかかります。トイレに入るのだって、水道料金、電気代、トイレットペーパー代が必要です。

部屋にいれば照明を使うし、テレビを見れば電気代がかかります。

他にも税金の支払い、交通費、電話代など、お金が必要になる場面はたくさんあります。

お金が無いと、自分だけでなく、家族を養うこともできません。家族が病気になれば医療費もかかります。

将来に備えるには、ある程度の貯蓄も必要になってきます。

だからお金を稼ぐために働くというのは、一番の働く理由になります。


・自己実現するために働く
人は仕事を通じて成長します。最初は何もできなかった新入社員でも、しばらくすると仕事を覚え、バリバリ働けるようになります。

これまで出来なかったことが出来るようになるという、充実感も仕事の醍醐味です。

お金を稼ぐことだけが目的なら、お金持ちは働く必要がありません。

でも実際には、お金持ちほどよく働きます。

働くと言っても、会社のオーナーと社員では、意識が全然違います。オーナーは楽しむために働いているので、仕事が苦になりません。

お金持ちは仕事の楽しさを知っているのです。

だから一度はリタイアした人が、しばらくすると新しいビジネスを立ち上げることはよくあることです。

それにお金があると、できることが多くなるし、行動範囲も広くなります。もしかしたら夢を叶えることができるかもしれません。

つまり働くということは、自己実現の面も持っているのです。


・人の役に立ちたい
お客様の喜んでいる顔を見たり、感謝されてお礼を言われた時は、とても嬉しいものです。

人は自分が社会の役に立っていると感じたり、誰かの役に立てた時には満足感があります。

例えば、お医者さんの「患者を救いたい」という気持ちです。

決してお金のためだけに働いているわけではないのです。

働き甲斐を感じたり、充実できる職場でなければ、仕事が長続きしません。

それに無償で奉仕活動をするボランティアがあることを考えると、働く理由がお金だけではないことがわかります。

要するに働くということは、お金を稼ぐことが一番の目的ですが、それ以外の要素も大事だということが、今回お伝えしたかったことです。

就職活動で悩んでいる時には、賃金(収入)以外にも、将来的に自己実現できる会社かどうか、仕事のやりがいはあるのか、考えてみることをおすすめします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。